東海プラネット株式会社
トップページへ
商品案内
会社概要
求人情報
お問い合わせ
リンク
東海プラネット株式会社



お問い合わせ
   
エリアセンサー

土木現場への侵入検知と警報発生装置

概 要
本装置は、ICタグ検出と警報発生機能を持った受信装置とICタグから構成される。
使用電波は、微弱無線で 免許不要で通信エリアは、やく10m以内となっている。
ICタグは、電池内蔵の発信器で、ID番号をランダムなインターバルで発信している。
受信装置は、ICタグからの電波を受信しIDが確認されると受信機のあるエリア内に
ICタグが侵入してきたことを検知する。
侵入が検出されると、受信機は、警報を発生する。
    ・ICタグ 登録数 100個
    ・ICタグ検出エリア 10m (注 電波の環境により変わります)
ICタグ番号に事前に名前を登録可能で、誰がそのエリア内に接近したかが表示され
分かる様になっている。
                                        
システム構成
ブロック図
構成品一覧
エリア侵入検知及び警報装置 1台 
タグ 必要個数(max)
設置台付きアンテナ(マグネット) 1台
仕 様
ICタグ検出機能
受信機に専用受信アンテナを接続し、このアンテナで受信できるICタグを検出する。
タグが複数になっても、電波の混信に対しては、ランダムに通信する事で対処する。
ICタグの検出は、最大2秒 (タグ20個)となっている。
ICタグは、送信機能のみで受信機能はない。
検出エリアは、約10mとするが、エリア内の環境により変化する。
 
検出結果表示機能
予め受信機に登録されたICタグがエリア内にあると LCD画面表示に
そのタグの番号が表示される。(名前登録がしてあれば名前が表示される)
エリア外に出た場合は、その名前は表示されなくなる。
 
警報出力機能
受信機はタグ検出すると、外部警報装置への信号を出力する。
外部機器へ ON/OFF信号を出力する
   ON  : 検出
   OFF : 検出不能
 
警報出力リセット機能
警報が出力された場合、その出力は、外部スイッチにより停止をすることが出来る。
但し、新規に他のICタグがエリア内に侵入した場合は再度警報が出力される。
検知エリアに複数存在して、警報リセットSWが押されたときも同様
検出されているタグについては、一旦外に出て検出され無くならない限り
警報の対象にはならない。
 
名前登録機能
パソコンとUSB接続して名前登録が可能。
予めパソコン上で登録したID番号と名前が
受信機にダウンロード可能(マニュアル操作)
 
パソコンと接続して検出タグ情報を出力
USB接続したパソコンからの検出タグ番号要求に応じて出力する。
システム構成例


Copyright(C) Tokai-Planet Corporation 2002-2006